システムコンサルタント:オビリンクが提供する 高校受験 数学・中学受験 算数 通信教育のマシュー・マス
受験数学・算数の勉強方法について

数学・算数の勉強方法について

img_about01

算数・数学脳を作る。あなたのアプローチは間違っている!
あなたの周りに算数・数学が得意な人がいるかと思いますが、家で勉強してると思いますか?
きっとそんなにしてないですよね。ではなぜ算数・数学が出来るのでしょうか。
センス?いえいえ違います。地頭?いえ算数や数学が出来なくても地頭いい人いますよね。
彼らはそもそも算数・数学に対する考え方やアプローチが違うのです。
ではその考え方やアプローチ力があなたにも身に付いたら?まずはここなのです。

発想力、閃き、これも同じです。鍛え方がちゃんとあります。
算数、数学は暗記科目ではありません。
他の科目のように問題をこなせば実力は付いていくという類のものとは違います。
算数・数学の成績が上がらない人はここのアプローチが一寸間違っているのです。
従来のアプローチではダメなのです。
練習問題を数多く解くだけでは算数・数学力は身に付きません。
何を鍛えるか。ここなのです。
周りの天才のひらめき力はセンスではありません。発想の仕方、理解の仕方が違うだけです。

あなたの学習の仕方は間違っています

どんな問題でもアプローチの仕方があります。
問題集の解答を見るだけでは、発想力は身に付きません。
多くの問題を機械的にこなすだけ、長時間勉強するだけでは、算数・数学力は身に付きません。
解けなかった問題を解答を見て理解しても、同じ問題がどこかで出題されるわけではありません。

ではどのような学習方法がいいのか

問題の解き方も大事ですが、まず閃きそして理解の仕方が重要となります。閃きはセンスではありません。身に着けられる能力なのです。
難しい問題などありません。最初の発想や閃きが困難なだけでそこを乗り越えれば、もはやそれは難問ではありません。そこが問題だって?いえいえだからそこは鍛えられるんです。

このサイトでは何を教えるのか

img_about01

実際の問題例を取り上げ、発想の仕方、解くためのアプローチを教えます。
またその発想を出すために、どういう考え方をすればよいかを説きます。
なぜその解き方になるか、どういう手順で発想するのかを伝授します。
その発想力をつけるためには、普段どういう勉強をするべきかを教えます。
問題を反復で解けるようにするのではなく、どこに目を付けて解くのか、そのセンスを習得する方法、発想力を磨くための方法を伝授します。
こういう類の問題では、必ずこういう発想、パターンで解く、等のツボも伝授します。

このサイトの特色

大人ではなく、現役の学生(中学生・高校生)が監修しています。有名進学校在籍。算数オリンピック常連。得意科目は勿論算数・数学。
よくある塾や家庭教師のように、年配の方が先生になるのではなく、まさに現場にいるホットな学生が自分の経験を元に、同年代の学生の発想で解説を行います。
なぜか?例をあげます。海外留学、海外在住の子供が英語が喋れるようになるのは、周りの子供に習うからです。
なぜ同じ高校から東大合格者が多数出るのでしょう。大人ではカバー出来ない何かがあるのです。
日本で英会話スクールに永年通っていても英語力はなかなか身に付きません。
算数・数学も同じです。実際に同年代から学ぶのが最も実力が付くかつ効率的なアプローチです。
大人ではなく同年代の学生が実体験に基づき同年代の目線で解説し解法を伝授します。
塾、通信教育、問題集での独学とは全く違うアプローチでの教育です。
もちろん内容については、親が読んで理解して子供に教えても構わないです。

img_about03
img_about03

教育形式

週一の割合で、メールマガジンにて、厳選した試験問題と解答のための発想の仕方、その発想力をどのように身に着けるかを解答と併せて説明致します。 問題を読むときにどこに着目するか。問題を解くときにどこに着目するか。 今までにない教育コンセプトですが、しっかりついてきてもらえれば、算数・数学力が各段にアップすることは間違いないでしょう。 メルマガ価格については、塾や家庭教師と比べてみてください。 塾は、個人レベルでペースを合わせてくれない。性格上聞きたいことも聞けない子供もいる。 家庭教師は値段が高い。塾も家庭教師も課金の中に問題を解いている時間が含まれている。 当サイトのメルマガで算数・数学力がアップするのなら破格といえるのではないでしょうか。

img_about03
img_about03
友だち追加数
生徒・保護者の声
メルマガサンプル
よくある質問
お問い合わせ
塾長のブログ