今回も受験問題と解答編はお休みし、
英語と数学の学習について、
Matthew Mathなりの考察をしてみたいと思います

英語は文系・理系を問わず、試験科目では重要な位置を占め、
採点の重み付けは、ほぼどの学校も主要科目と同等となっています。

主要科目とは、理系でいう数学、文系でいう国語となりますが、
理系の試験科目でみた、数学に対する、国語や社会、
文系の試験科目でみた、国語に対する、数学や物理・化学、
というように、
前者の配点性向が後者のそれに比べ比重が高いという傾向は、
英語に関しては適用されず、
理系・文系を問わず、前者側に位置しています。

英語は、科目としては、どちらかと言えば文系科目でしょうが、
理系分野からみても、その重要性は高く認識されているということになりましょうか。

算数,数学,受験,英語

では、理系側からみた英語は、
どのように学習するのがいいのでしょうか。

まず重要なのは、

「苦手意識を持たない」
「面倒臭い科目だと思わない」
「学習のモチベーションを上げる」

ということです。

理系の人はまず、
数学を勉強しているときと、英語を勉強しているときの、
モチベーションの違いを振り返ってみてください。

如何でしょうか?
当ホームページを閲覧している、
数学が得意なもしくは好きな人、
であれば、きっと余計にですが、
改めてモチベーションの違いを認識するのではないでしょうか。

まず英語学習で一番”つまらない”のは、
英単語を覚えることだと思います。

よく英語の勉強をするのに、単語学習から始める人がいますが、
大抵の場合は飽きてしまうか、つまらなくなって、
途中で投げ出してしまうことになります。

それでも取り敢えず机に向かっていても、
残念ながら、モチベーションが下がっている状態では、
ほぼ、成果は上がっていません。

でも英単語を知らないと、
長文や文法等の他の英語学習分野でも、
単語がわからないので、勉強が今一はかどらないと感じてしまい、
やはりモチベーションが上がらないという、
悪循環に陥ってしまうかも知れません。

この様に、英語学習は、
勉強の仕方によって成果が大きく変わってしまう、
繊細な科目であると言えます。

では、どうすればいいのか?
前述しましたが、一番大事なのは、

「苦手意識を持たない」
「面倒臭い科目だと思わない」
「学習のモチベーションを上げる」

ということですが、

逆に言えば、人間とは不思議なもので、
これらの課題を克服すれば、
成績は必ず上がりますし、
そう、「好きこそものの上手なれ」という格言もあります。
英語でも同様の意味のフレーズがありますので、調べてみてください。

では、具体的な提案に移りましょうか。
勿論、興味を持つ方法は、人によって様々かも知れませんが、
ここでは、Matthew Mathなりの提案として掲げたいと思います。

算数,数学,受験,英語

 

 

 

 

まず、
「数学の問題が英語で書かれているサイト」
があります。
例をあげてみましょう。

数学オリンピック国際大会の問題です。

日本語サイト:
2000~2016年 http://www.imojp.org/challenge/

英語サイト:
2003年 http://www.imojp.org/imo2003/contents/prob.html
2015年 http://www.imo2015.org/files/2015-eng.pdf
2010年 https://www.imo-official.org/problems/IMO2010SL.pdf
1959~2009年 https://hengsokha.files.wordpress.com/2011/06/imo-problem-solution-1959-2009.pdf

まず、英語サイトの方をみて問題を解いてみましょう。
英語がどうしてもわからなかったら、日本語サイトを参照出来ますが、
なるべく見ない様にしましょう。

問題を解いたら、もしくは解けなかったら、解答を見てみましょう。
これも英語サイトの方をみてください。

英単語に関しては、数学用語特有の単語もありますが、
不思議とこれらはすぐに覚えてしまいます。

英文自体も長くはなく、
また、何よりもネイティブが書いている文面なので、
なるべく短く、正確に誤解を与えないような表現、
つまりは、効率的に内容を伝える表現
となっています。

未知の内容をGoogleで検索する際もそうですが、
日本語キーワードで検索するのではなく、
「英語のキーワードで検索する」と、また新たな発見があります。

検索結果にヒットしたページの英文を読んでみることは、
それが自分が知りたい内容であることから、
より高いモチベーションを持って読解しようとするし、
興味のない内容を漠然と読むよりも、遥かに理解することが出来ます。

このように普段から、

「得意な分野・興味がある分野で、日本語の代わりに英語を利用してみる」

機会を意識して取り入れるようにすれば、
英語の実力は自然と確実に上がります。

http://mangaonweb.com/satoshuho/download/
にあるのように、
「英語の漫画を読んでみる」
というのも、非常に有効な手段です。

算数,数学,受験,英語