こんにちは。
今日は中学受験の算数の難易度の話をしたいと思います。
当サイトを監修している高校生に聞いてみました。
勿論毎年難易度は変わるのでしょうが、

灘>筑駒>麻布>開成>慶應>早稲田>渋幕>渋渋

といった感じだそうです。
あと傾向としては、開成は水槽(!)とグラフの問題が必ず出るとか、
筑駒は場合分けの問題が出るとか色々あるようです。
志望校の出題傾向を調べて、それに応じた対策を立てることは非常に重要ですが、
この難易度順位付けとか傾向分析って、塾や赤本等が分析しているものとは、
異なっているっていうのが興味深いところです。
マシューマスでは、この同世代学生目線での分析をご共有させて頂き、
受験生の皆様のために貢献したいと思っております。